英才教育の「英語」

英才教育の「英語」

あらゆる学習には「英才教育」という考え方があります。子供のうちから、各分野について学習を踏まえておくようにすることで、当然ながら子供の学んだ物事への理解のスピードが違う、ということです。

 

これは、子供のときは一般的に言われている「頭が柔らかい」ということに起因しているといえるでしょう。子供のころは、多くのことに興味や関心を持つことが出来るので、実際に英語を学ぶとなっても、比較的スムーズに新しいことを受け入れることができます。

 

これが大人になると、どうしても学習効果は弱くなってしまい、理論立てて思考することには効果を発揮することが出来ますが、幼少期から学習をしなければ磨けない「センス」などを求められることでは、どうしても学習効果が弱くなってしまうということがあります。

 

この点、英才教育を進める「児童英語教育」などは、はっきりと効果が表れる分野といえるのではないでしょうか。音楽などの分野では早い段階から取り入れられてきた「英才教育」ですが、まだまだ不十分なところがあります。

 

早い段階から英語についての理解や学習の意欲を持つようにすれば、当然ながら十分な効果を発揮することが出来るチャンスがあります。早めに英語に対しての意欲や取り組む姿勢を持つことで、幅広いノウハウや英語についての知識を習得することが出来るため、ぜひ早めにお子様に取り組んでもらうようにしてみてはいかがでしょうか。今まで知らなかった英語についての理解や、知識を広げることが出来るので、ぜひ導入するようにしてみてください。