児童英語指導法 大学の授業

児童英語指導法 大学の授業

2011年から公立小学校で英語の授業が始まったことを受けて、今大学ではその教師を養成するための「児童英語科」という学科を設けるところが増えているようです。そうした大学でははっきりと児童英語講師養成ということにその目的を特化して、豊かな経験を持つ教授陣が視聴覚教材を使った臨場感あふれる授業を展開して指導に当たっているようです。

 

 

 

現在小学校では、今のところ5〜6年生だけを対象に英語授業を行っているのですが、今後は低学年にも波及してレッスンが行われるようになると、ますますたくさんの教師が必要になり、そうした人を養成するために、こうした「児童英語科」は大学にとっても今後有望な学科なっていくに違いありません。

 

 

 

【大学はどんな児童英語教師を育てようとしているのか】グローバル化がますます進んでいく中で国際間の協調が不可欠になってきた今、国際語である英語の必要性はかつてないほど高まってきています。

 

 

 

そうした時代にあって、なにかと英語嫌い、英語下手と長い間言われ続けてきた日本人だけに、これから世界人として活躍すべき子どもたちに英語を指導していく教師の役目は重大です。その目的のためにはまず最初に、なんとしても子どもたちを英語好きにしなければなりません。

 

 

 

そのために児童英語科での授業では特に次の3点を指導することが必要ではないでしょうか。

 

 

 

<子どもを楽しませながら授業を展開させる方法><数多くの英語を使ったゲームのやり方に対する指導><世界の国々と日本の文化、ものの考え方の違いを子どもに教えるための指導>児童英語科の学生はこれら3つの要素を身につけることが必須課題です。