民間の児童英会話スクール

民間の児童英会話スクール

小学校の英語授業が始まるずっと前から民間にはいろいろな児童英語スクールがたくさんありました。対象も小学生だけでなく、もっと小さい幼稚園児、またはそれ以下の児童を対象にしたところもあるようです。

 

 

 

こうした民間の英語スクールに対しては、親の側がむしろ熱心で、子どもを後押しして通わせているようです。こうした民間スクールの場合、講師は必ずしも外国人ではなく、普段指導に当たるのは日本人教師である場合が多く、外国人講師に接触するのは月に1度だけというようなところも珍しくないようです。

 

 

 

大人の英会話スクールから考えると、日本人講師による授業は不自然とも思われるかも知れませんが、子どもに対する英語指導というのは大人とは少し事情が違うようです。【児童英語スクールは必ずしも外国人教師の指導でなくてもいい】大人の英会話スクールの場合、指導に当たるのはほとんどが外国人教師です。でも子どもを指導する場合は必ずしも外国人が良いとは限らないのです。

 

 

 

もちろん発音が大事ですからその点をクリアーしていればむしろ日本人教師のほうが良いといっても間違いではありません。何故かと言えば、英語に対して何の認識もなく、また学ぶ目的ももっていない子どもに対して継続して学ばせるためにはまず動機付けを行わなければならないからです。

 

 

 

つまり子どもをひきつけて英語を好きにさせるのです。それを行うためには日本語ができて子どものひきつけ方が上手な日本人教師のほうがいいのです。外国人であっても、もしこの二つの要素を備えていれば話は別です。