児童英語教室 子どもが止める理由

児童英語教室 子どもが止める理由

子どもが物事に取り組む姿勢について眺めてみますと、一般的にはその年齢が低ければ低いほど、初期の段階で示す好奇心の割には根気が続かず容易に飽きてしまいやすいという特徴があるのに気づきます。

 

 

 

したがって親がわが子に何か新しいおけいこごとでも始めさせようとするときには、前もってこのことをよく認識していなければなりません。つまり子供というものは概して根気がなく、物事に飽きやすいようですから、始めた後でそうならないように事前に良く考えておく訳です。言い換えればスタート時から飽きさせないための対策を講じておく必要があるのです。

 

 

 

では飽きるということ以外に子どもが途中でレッスンをやめる理由にはどんなものがあるのでしょうか【子どもが英語のレッスンをやめる5つの理由】<@レッスンが楽しくない>これは学ぶ目的がよく分からない子どもに対して楽しさを演出したレッスンが出来てないための起ることです。

 

 

 

要は子どもをひきつけていないのです。<先生が好きになれない>小学生に英語を教える先生は、なにはともあれ子どもが大好きでなければなりません。英語の能力以上に子どもをひきつける能力が必要なのです。<教室が遠いから>これは地理的条件を考えずに選んだことから起ることで親の責任です。<友達がやめたから>小学生は友達に影響されやすいものです。

 

 

 

したがって入るときに友達が行くからということだけを選択肢にしたら駄目です。<上手にならないから>これは学習効果が上がらないことによる理由で、子どもの問題というより、親の側の不満から来ることで、これもスクール選びのミスから生じることではないでしょうか