児童英語教室 もう一つの任務

児童英語教室 もう一つの任務

少し前の話になりますが、日本のある都市銀行の米国支店駐在員を勤めた人が数年間のアメリカでの生活を通して調べた日本と米国における生活面と習慣面の事柄で2国間で逆になるケースについてまとめた「日米逆の発想」というタイトルの本を出版されています。

 

 

 

それを読んで思わず笑ってしまったのですが、日本とアメリカの違いについて次のように指摘している箇所があります。たぶんこの方のお子さんの米国の学校生活を観察してそれに基づいて書かれたものだと思います。

 

 

 

その内容は学校での先生の転校生に対する最初の接し方について書かれたものです。転校生がやってきて、その最初の授業に際して一般的に日本の教師がいうことは「静かにして先生の言うことを聞いていなさい」であるのに対して、米国の教師は「リラックスして漫画の本でも読んでいなさい」と言うのだそうです。笑ってしまったのはこれを読んだときです。これはなんと言う相違でしょうか。

 

 

 

善い悪いの問題ではなく僅かにこの一場面にですら、日米のモノの考え方の根本的相違が出ているではありませんか。【児童英語教師は外国の文化とモノの考え方の違いについて教えなければならない】国が違えばそこへ住む人の肌の色が違うのと同じようにものの考え方とか、文化や習慣に違いがあるのは当然のことです。

 

 

 

ですから英語教師に必要なことは、言葉としての英語を教えると同時に、こうした文化や習慣の違い、それにものの考え方の相違について教えることが大切なのです。そうでなければ本当の意味で子どもたちに外国語を教えたことになりません。グローバル社会のいま、国際理解のためには欠かせないことです。