児童英語は楽しくやって好きにさせることがいちばん大切

児童英語は楽しくやって好きにさせることがいちばん大切

何ごとも早期教育が大切という観点から考えると、英語もやはり早く始めたほうが効果が高いと一般的には考えられています。しかし他の習い事と比べて言葉の場合は母国語と重複するという問題があります。つまり私たちが使う日本語の訓練と重なるのです。

 

 

 

国語とは大事なものです。いかに母国語といえこれをちゃんと読めて、書けて、話せるようになるには長期にかけての大変な訓練が要ります。したがってこの国語である日本語にさらに英語という外国語を加えて学習するのは子どもにとって無理なことではないだろうかという考えから、一部の人が英語の早期教育に反対を唱えているのです。

 

 

 

【児童に対する英語教育は効果ばかり問わず親しませることにウェイトをおくことが必要】毎日朝から晩まで接している日本語でさえ、それを読んで書いて話せるようになるにはかなりの訓練を要します。したがって英語も同じです。大切なのは訓練の量です。

 

 

 

しかし大切な日本語の訓練をさておいてまで英語に時間を割くことはできません。したがって児童の英語指導には時間的にも限界があります。ですから、日本語並みの上達を期待することは無理です。したがってそうした過度な期待をかけず、せめて中学校に入るまでに英語というものに興味を持たせ、親しみを感じさせる程度の授業でいいのではないでしょうか。

 

 

 

好きこそものの上手なれ、といいますから、とにかく英語に親しませ好きにならすことが児童英語教育の最初の目的であればいいのではないでしょうか。したがって他の学科のように通知簿で評価したり、テストでいい点を取ることなどはあまり考えず、とにかく楽しくレッスンを受けてもらえばそれでいいのではないでしょうか。