小学校の英語授業 教師

小学校の英語授業 教師

いま行われている小学校の英語授業に当たる教師は、一般的には日本人教師一人とALTと呼ばれるネイティブの外国人助手一人、というのが普通のようです。

 

 

 

この場合メインになるのは日本人教師で外国人のALTはあくまで補助になる方がいいでしょう。もしそうでなくALTがメインで日本人教師が補助になると、授業に何かと問題が出てくるかもしれません。そうしたケースが予想されるのは英語の授業に対して日本人教師の方に英語の力がないので変に遠慮がちになって前面に出ず、ALTにばかり頼ろうとする傾向があるからです。

 

 

 

英語の授業ですから、ALTが前面に出てくることがいいとも考えられるのですが、それはそのALTが日本語が上手で、その上子どものひきつけ方も上手な時に限ります。でも実際はそんなALTは少なく、日本語ができない人がほとんどではないでしょうか。したがって子どもをひきつけることができません。

 

 

 

【日本語ができない外国人講師が授業を進めると子どもはレッスンに飽きてくる】およそ子どもというものは飽きやすいものです。初めの頃こそ外国人といえば珍しさもあって好奇心いっぱいで接してきますが、それも一時だけです。

 

 

 

よほど日本語ができて子どものひきつけ方が上手な外国人講師でない限り、子どもは言葉が分からないこともあってそのうち飽きてしまいます。

 

 

 

こうした理由から外国人ALTが前面に出て指導するとレッスンが失敗に終わる恐れがあるのです。ですからメインになるのは例え英語が上手でなくても子どもの扱い方になれた日本人教師が当たり、子どもをよくひきつけながらALTを補助としてうまく使っていくほうがいいのです。